1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」11月開催

2016年10月27日

「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」11月開催

富山大学の附属人間発達科学研究実践総合センター 学習環境研究部門は、研究会「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」を11月12日に同大で開催する。参加費は無料。

「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」では、青山学院大学の伊藤一成准教授を講師に、現在のプログラミング教育の状況などを基に今後の在り方について考察する。

また、青山学院大学と畿央大学で客員研究員を務める竹中章勝氏が、プログラミングのワークショップを実施する。

関連URL

日  時:2016年11月12日(土) 14:00~ ※受付 13:30~
会  場:富山大学人間発達科学部2棟1階211教室[富山市五福3190]
参加費 :無料
詳細・申込(PDF)

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス