1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」11月開催

2016年10月27日

「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」11月開催

富山大学の附属人間発達科学研究実践総合センター 学習環境研究部門は、研究会「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」を11月12日に同大で開催する。参加費は無料。

「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」では、青山学院大学の伊藤一成准教授を講師に、現在のプログラミング教育の状況などを基に今後の在り方について考察する。

また、青山学院大学と畿央大学で客員研究員を務める竹中章勝氏が、プログラミングのワークショップを実施する。

関連URL

日  時:2016年11月12日(土) 14:00~ ※受付 13:30~
会  場:富山大学人間発達科学部2棟1階211教室[富山市五福3190]
参加費 :無料
詳細・申込(PDF)

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス