1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」11月開催

2016年10月27日

「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」11月開催

富山大学の附属人間発達科学研究実践総合センター 学習環境研究部門は、研究会「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」を11月12日に同大で開催する。参加費は無料。

「小中学校におけるプログラミング教育はどうあればよいか」では、青山学院大学の伊藤一成准教授を講師に、現在のプログラミング教育の状況などを基に今後の在り方について考察する。

また、青山学院大学と畿央大学で客員研究員を務める竹中章勝氏が、プログラミングのワークショップを実施する。

関連URL

日  時:2016年11月12日(土) 14:00~ ※受付 13:30~
会  場:富山大学人間発達科学部2棟1階211教室[富山市五福3190]
参加費 :無料
詳細・申込(PDF)

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録