1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 自治体向けブロックチェーン技術活用の共同検証プロジェクト発足

2016年10月31日

自治体向けブロックチェーン技術活用の共同検証プロジェクト発足

凸版印刷・日本マイクロソフト・スカイアーチネットワークスは28日、ブロックチェーン技術を利活用した自治体向けサービスの提供に向けた共同検証プロジェクトを発足したと発表した。第1検証として、ブロックチェーン技術を使った分散処理アプリケーションを試作開発し、実証実験を通した基礎技術検証を10月から開始している。

同検証プロジェクトの全体像

同検証プロジェクトの全体像

ブロックチェーンは、暗号技術をベースにした分散型情報管理の技術で、改ざんが困難で、高い故障耐性を持ち、低コストでシステム構築が可能なため、金融、行政など幅広い分野での適用が期待されている。同プロジェクトでは、凸版印刷の自治体向けサービスの企画力と総合対応力、日本マイクロソフトの技術力、スカイアーチネットワークスのインフラ運用力というそれぞれの専門性を生かし、スピーディーに自治体向けソリューション市場への導入を目指すのが狙い。今後拡大する自治体サービス分野で安全で安価なサービスを開発していきたいとしている。

第1ステップの基礎技術検証の実証実験では、「さいたまトリエンナーレ2016」 (12月11日まで開催) のデジタルスタンプラリー・システムへブロックチェーン技術を導入。日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で複数のブロックチェーンサーバを構築し、分散処理のアプリケーションを試作開発した。実際に一般の人が使うシステムの運用を通して、分散処理の稼動状況などの実践的な検証を行い、有用性の実証を目指している。

今後は、基礎技術検証、応用技術検証、サービス検証の3つのステップでプロジェクトを進め、最終的に、防災、健康ヘルスケア、地域ポイントなどで、安全で安価な自治体サービスの開発・提供を目指す。

関連URL

凸版印刷

日本マイクロソフト

スカイアーチネットワークス

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス