1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Unity、スマートデバイス向けアプリ「Super Mario Run」の開発に採用

2016年11月2日

Unity、スマートデバイス向けアプリ「Super Mario Run」の開発に採用

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは2日、任天堂のスマートデバイス向けアプリ、Super Mario Run(スーパーマリオラン)がUnityを使用して開発していると発表した。

main

Super Mario Runは、12月配信予定のスマートデバイス (iOS)向けのアプリ。任天堂は、マリオのゲームを初めてスマートフォン向けに開発するにあたり、統合開発環境のUnityを採用した。

Unityは、ゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェア。パワフルなグラフィックエンジンと高機能なエディターで美しいゲームやアプリを作成し、迅速にモバイル端末・ホームエンターテイメントシステム・PC・組み込み機器などのマルチプラットフォームに対応させることができるという。

UnityTechnologiesには全世界に大規模パブリッシャー、インディースタジオ、学生、ホビイストを含む550万を超える登録開発者がいるという。

関連URL

Unity

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス