1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Unity、スマートデバイス向けアプリ「Super Mario Run」の開発に採用

2016年11月2日

Unity、スマートデバイス向けアプリ「Super Mario Run」の開発に採用

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは2日、任天堂のスマートデバイス向けアプリ、Super Mario Run(スーパーマリオラン)がUnityを使用して開発していると発表した。

main

Super Mario Runは、12月配信予定のスマートデバイス (iOS)向けのアプリ。任天堂は、マリオのゲームを初めてスマートフォン向けに開発するにあたり、統合開発環境のUnityを採用した。

Unityは、ゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェア。パワフルなグラフィックエンジンと高機能なエディターで美しいゲームやアプリを作成し、迅速にモバイル端末・ホームエンターテイメントシステム・PC・組み込み機器などのマルチプラットフォームに対応させることができるという。

UnityTechnologiesには全世界に大規模パブリッシャー、インディースタジオ、学生、ホビイストを含む550万を超える登録開発者がいるという。

関連URL

Unity

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス