1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ビットエー、米企業と提携し「人工知能ライティングツール」運用開始

2016年11月9日

ビットエー、米企業と提携し「人工知能ライティングツール」運用開始

ビットエーは8日、Articoolo(米国)と提携し、Articooloの提供する人工知能ライティングツール「Articoolo」を使って、同社が展開する「BITA デジマラボ」でのメディアコンテンツ生成における運用を開始したと発表した。

main

「Articoolo」は、キーワードから文章を自動生成できるAIライティングツール。URLやテキストからのリライト生成、タイトル生成、画像サジェストなど多数の機能を搭載しているが、対応言語は現在は英語のみ。

今回の提携では、英語圏における情報収集と草稿作成の部分をAIが代行。ビットエーは日本語化と編集を行い、従来よりもコンテンツ作成の手間を削減。日本国内での利用に関するフィードバックをArticooloと共有していくという。

公開済みのAI生成コンテンツ

(翻訳/編集は人間が担当)
VRによる進化はどこから進む?医療・人命救助の現場における現状と期待
AI、ロボットは雇用を奪い、ヒトに取って代わる存在か否か
人工知能が可能にする(かも知れない)ほんの少しだけ未来の話

関連URL

BITA デジマラボ

Articoolo

ビットエー

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス