1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エクシード、電算の社員子女向けに「プログラミング教室」に教材採用

2016年12月5日

エクシード、電算の社員子女向けに「プログラミング教室」に教材採用

エクシードは2日、電算の50周年記念事業である社員子女向けプログラミング教室の開講にTech for elementary(TFE)の教材が採用されたと発表した。

d6960-6-202149-1TFEは、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開。事業開始後半年現在、全国で約37校の教室を開講している。

加盟者の多くは学習塾、パソコン教室、英会話教室のような既存教室だが、最近は、Web制作会社、システム開発会といったIT企業やフリーランスのエンジニアが、オフィスや自宅で開講するケースが増えてきているという。

電算はこれまでに、人工知能を搭載した人型ロボット「Pepper」の体験会を地域の小学校で行ったり、Code.orgが世界的に主唱するプログラミング教育活動「HOUR OF CODE」のサポートなどを行ってきた。

社員の子女向けプログラミング教室の開講の理由は、プログラミング体験を通じ、親の仕事内容やモノ作りの楽しさを知ることだけではなく、試行錯誤を繰り返して自ら答えを見つける姿勢を身につけることができるため、また、中長期的にIT人材の育成に貢献できると考えたため。しかし、教室として継続的に授業を提供するには、体系的な教材作成や講師の確保などの課題があり、電算には豊富なエンジニア人材がいるものの、これらの解決に十分な時間を割くのは難しい状況だったという。

TFEの教材は現役のエンジニアが作成。動画による解説や操作方法の案内を行う映像授業のため、講師の知識や経験に依存せず、授業を行うことができる。また、映像授業はクラウド型学習管理システムから配信されるため、ネットに接続できる環境であれば教室でも自宅でも授業を受けることができる。

電算は、全12回のうち初回と最終回の授業は自社会議室で一斉受講。途中の授業は自宅でeラーニングによる個別受講といった教室運営を行っており、自宅で親子で同時受講することにより親子のコミュニケーションや関係づくりにもなると考えているという。

関連URL

Tech for elementary

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス