1. トップ
  2. データ・資料
  3. 9割以上の高校教員が「進路指導が困難」、要因は「入試の多様化」

2017年1月31日

9割以上の高校教員が「進路指導が困難」、要因は「入試の多様化」

リクルート進学総研は30日、高校の進路指導・キャリア教育の現状を明らかにするため、全国の全日制高校の進路指導主事に対して進路指導の困難度、キャリア教育の進捗状況などについて調査、その結果を発表した。

進路指導の難しさの要因(上位3項目)

進路指導の難しさの要因(上位3項目)

それによると、91.9%の教員が進路指導を「難しい」と感じているという。進路指導の難しさを感じる要因は、前回調査4位の「入試の多様化」(25.7%)がトップ。次いで「教員が進路指導を行うための時間の不足」。前回調査1位の「進路選択・決定能力の不足」は3位。

また、大学・短期大学などに期待することでは、1位「入試の種類の抑制」(39.3%)、2位「わかりやすい学部・学科名称」(36.6%)という結果に。入試制度や学部・学科の種類が増加・複雑化している現状が進路指導にも影響していることが明らかとなった。

将来社会で必要とされると思う能力については、1位「主体性」(60.3%)、2位「課題発見力」(44.1%)、3位「実行力」(35.3%)。現在高校生が持っていると思う能力は、1位「規律性」(51.6%)、2位「傾聴力」(32.3%)、3位「柔軟性」(22.4%)という結果になった。

関連URL

リクルート進学総研

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス