1. トップ
  2. データ・資料
  3. 9割以上の高校教員が「進路指導が困難」、要因は「入試の多様化」

2017年1月31日

9割以上の高校教員が「進路指導が困難」、要因は「入試の多様化」

リクルート進学総研は30日、高校の進路指導・キャリア教育の現状を明らかにするため、全国の全日制高校の進路指導主事に対して進路指導の困難度、キャリア教育の進捗状況などについて調査、その結果を発表した。

進路指導の難しさの要因(上位3項目)

進路指導の難しさの要因(上位3項目)

それによると、91.9%の教員が進路指導を「難しい」と感じているという。進路指導の難しさを感じる要因は、前回調査4位の「入試の多様化」(25.7%)がトップ。次いで「教員が進路指導を行うための時間の不足」。前回調査1位の「進路選択・決定能力の不足」は3位。

また、大学・短期大学などに期待することでは、1位「入試の種類の抑制」(39.3%)、2位「わかりやすい学部・学科名称」(36.6%)という結果に。入試制度や学部・学科の種類が増加・複雑化している現状が進路指導にも影響していることが明らかとなった。

将来社会で必要とされると思う能力については、1位「主体性」(60.3%)、2位「課題発見力」(44.1%)、3位「実行力」(35.3%)。現在高校生が持っていると思う能力は、1位「規律性」(51.6%)、2位「傾聴力」(32.3%)、3位「柔軟性」(22.4%)という結果になった。

関連URL

リクルート進学総研

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス