1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Digika、投稿サイト「ワンダースクール」でコンテストを開催

2017年3月6日

Digika、投稿サイト「ワンダースクール」でコンテストを開催

Digikaは、バンダイとYahoo! JAPANが運営する、身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイト「ワンダースクール」で、「『そろおち』にトライ!コンテスト」イベントを3日から開催している。

czMjYXJ0aWNsZSMyNDgxNyMxNzkxMDEjMjQ4MTdfY1dtUWtpWXBWZC5wbmc同イベントでは、STEM教育の土台となる「計算力の向上」と、幼少期からの「数字に対する自信と関心の獲得」をはかる「新!暗算学習法『そろタッチ』」のゲームコンテンツの一つで無償アプリの「そろおち」に挑戦するコンテスト。

「そろタッチ」は、数を珠で思い浮かべ計算するイメージ暗算を短期効率的に身につけるアプリ教材。そろばんから進化したタッチ式で、iPadに両手でタッチして操作。動画で学び、ランキングやゲームなどの機能が数多く用意されている。

「そろタッチ」には、そろばん2000年の歴史と、日本の珠算教室が持つ高い珠算技術、世界の新しい学習法と最新のテクノロジーを取り入れ、独自の学習プログラムが実装されているという。

数を形でイメージし画像処理するイメージ暗算は、幼少期に習得すると一生の財産となって残るという。毎日30分、2年間の学習で、そろばん式暗算上級レベルの習得を目指している。

「そろおちにトライ!コンテスト」の概要

コンテスト期間:3月3日(金)~4月9日(日)
結果発表:4月25日(火)
応募条件:12歳まで。13歳以上も応募はできるが受賞対象外となる
表彰内容:ハイスコア賞(3人)、チャレンジ賞(3人)、がんばりました賞(3人)

詳細・申込

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス