1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Digika、投稿サイト「ワンダースクール」でコンテストを開催

2017年3月6日

Digika、投稿サイト「ワンダースクール」でコンテストを開催

Digikaは、バンダイとYahoo! JAPANが運営する、身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイト「ワンダースクール」で、「『そろおち』にトライ!コンテスト」イベントを3日から開催している。

czMjYXJ0aWNsZSMyNDgxNyMxNzkxMDEjMjQ4MTdfY1dtUWtpWXBWZC5wbmc同イベントでは、STEM教育の土台となる「計算力の向上」と、幼少期からの「数字に対する自信と関心の獲得」をはかる「新!暗算学習法『そろタッチ』」のゲームコンテンツの一つで無償アプリの「そろおち」に挑戦するコンテスト。

「そろタッチ」は、数を珠で思い浮かべ計算するイメージ暗算を短期効率的に身につけるアプリ教材。そろばんから進化したタッチ式で、iPadに両手でタッチして操作。動画で学び、ランキングやゲームなどの機能が数多く用意されている。

「そろタッチ」には、そろばん2000年の歴史と、日本の珠算教室が持つ高い珠算技術、世界の新しい学習法と最新のテクノロジーを取り入れ、独自の学習プログラムが実装されているという。

数を形でイメージし画像処理するイメージ暗算は、幼少期に習得すると一生の財産となって残るという。毎日30分、2年間の学習で、そろばん式暗算上級レベルの習得を目指している。

「そろおちにトライ!コンテスト」の概要

コンテスト期間:3月3日(金)~4月9日(日)
結果発表:4月25日(火)
応募条件:12歳まで。13歳以上も応募はできるが受賞対象外となる
表彰内容:ハイスコア賞(3人)、チャレンジ賞(3人)、がんばりました賞(3人)

詳細・申込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ヒヤッとしたら 一斉送信でうっかり 宛先間違い 添付ミス WISE Alert AIR COMPANY LIMITED
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 【地域限定】教員・学校関係者の方対象 1人1台活用の成功事例を紹介! 辞書アプリDONGRI活用セミナー(オンライン開催)
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入!
  • 通信環境の問題でお困りではありませんか? GIGAスクール構想対応 教育総合ポータル Learning Skeleton AI
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス