1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 【本のプレゼント】未来は大丈夫?「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」

2017年5月1日

【本のプレゼント】未来は大丈夫?「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」

プレゼントの応募は締め切りました。
ディスカバー・トゥエンティワン社の提供で、人工知能型タブレット教材「Qubena」の開発者でCOMPASS代表の神野元基氏の著書「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」を5名にプレゼントします。

応募方法

応募資格:ICT教育ニュースのメールマガジン登録者ならだれでも可
応募方法:メールのタイトルに「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」と記入して、メールマガジンに登録しているメールアドレスから下記メールアドレスに送付する。
*応募メールに、住所や電話番号は記入しないでください。
送付先メールアドレス: present@ict-enews.net
応募締切:2017年5月10日23時59分
当選発表:当選者の応募メールアドレス宛に当選の連絡をする。

メルマガ未登録の方は、まずこちらで登録を。
□メールマガジン登録

人工知能時代を生き抜く子どもの育て方

Amazonの解説

今ある職業のほとんどが人工知能によって代替されると言われる「シンギュラリティ」に向け、未来を生きる子どもたちにいま必要な教育システムとは何か、未来を生き抜いていくために親には何ができるのかなど、教育に関心のあるすべての人に向けて書かれている。

キーワードは「極める力」。

人工知能時代を生き抜く子どもの育て方や、将来を予測するための人工知能にまつわる知識の紹介に加えて、「いつからスマホを使わせたらいい?」「YouTubeばっかり見ていてもいいの?」「学校の勉強だけしていて将来大丈夫?」などといった日頃の悩みへのアドバイスも充実している。

神野さんがどんな人なのか知りたい人は、関連記事をチェック。

関連記事

「未来の君に会いに行く」人口知能(AI)型教材“Qubena”

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス