1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アプリ「みんチャレ」と「Clear」が学習の習慣化にサービス連携

2017年6月16日

アプリ「みんチャレ」と「Clear」が学習の習慣化にサービス連携

楽しく続く習慣化アプリ「みんチャレ」を運営するエーテンラボは15日、150万ページのノートが共有されるアプリ「Clear」を運営するアルクテラスとサービス連携すると発表した。

この連携に伴い、「みんチャレ」内に、「Clear」ユーザー同士でチームを組んでお互いに励まし合いながら、受験勉強や予習復習の習慣を身につける「Clear公式チャレンジ」を開設した。d24217-5-511850-0

「みんチャレ」は、「新しく何かを始めたいけど続かない」という誰しも持ったことがある課題を、匿名の5人1組のチームで習慣化にチャレンジする行動変容技術を使ったサービスで解決。今まで20万人以上の利用者の習慣化をサポートしてきた。

その取り組みの中で同じサービスを使う人同士のチームは習慣化成功率が高い傾向があり、「みんチャレ」内の学習カテゴリーのチーム内でも「Clear」ユーザーが作ったチームが複数できていた。

一方の「Clear」は、学習の疑問を楽しく効率的に解決することを目的に、他のユーザーが公開した勉強ノートを参考にすることができるサービス。2014年4月の正式オープン以来、日本とアジア各国(中国、インドネシア、タイ、台湾)で140万人にダウンロードされ、150万ページのノートが公開されている。

これまでに「Clear」の中でもユーザー同士が少人数のグループを築いて、励まし合いながら学習することで継続的な学習を実現していることが分かっているという。

今回のサービス連携では、「みんチャレ」内に「Clear 公式チャレンジ」を開設し、利用者に向けて「Clear」を薦め、「Clear」利用者同士の習慣化をサポートする。「Clear」の利用者は、連携画面から「みんチャレ」アプリをダウンロードできる。

利用者は、「みんチャレ」と「Clear」を併用することでチームの仲間の頑張りや行動を参考にしたり励まし合ったりして、さらに学習の継続を促進することができるという。

関連URL

エーテンラボ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス