1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. グリー、千葉大と共同制作した「小学家庭科学習ゲーム」を配信

2017年7月6日

グリー、千葉大と共同制作した「小学家庭科学習ゲーム」を配信

グリーは5日、千葉大学教育学部・藤川大祐教授との共同授業を通じて企画・開発した小学生向け家庭科学習ゲームアプリ「SHOW TIME!!」を配信開始したと発表した。

d21973-38-533708-6グリーは、2013年から千葉大・藤川教授と共同授業をプロデュース。2016年度の共同授業では、「能力差があるチームにおける協働作業を促す社会科・家庭科のアプリ」をテーマに、アイデアソン、ハッカソンを通じて、千葉大の学生とグリーグループのエンジニアが共同で4つの学習ゲームを制作した。

2016年12月に実施されたハッカソンでは、「協働性」「ゲーム性」「学習効果」など5つの軸で教員とグリーの役員が評価を行い、最も点数が高く、大賞を受賞した作品が、今回配信を開始した「SHOW TIME!!」。

「SHOW TIME!!」は、小学6年生の家庭科、被服分野の知識獲得と多様な価値観の受容が狙いの学習ゲームアプリ。 2人で1つの端末を使い、協力して被服にまつわるクイズを解き、衣類をアバターに着用させるゲーム。

クイズの正答率が高いと選択可能な服の数が増え、コーディネートの幅が広がる。できあがったコーディネートはクラス内で共有でき、 児童同士でお互いのコーディネートについて「いいね!」などのリアクションを行って、互いの価値観の共有や意見交換をすることも可能。

「SHOW TIME!!」の対応機種はiOS 7.0 以上、プレイ料金は基本プレイ無料。

関連URL

SHOW TIME!!

グリー×教育 千葉大学共同授業 プロジェクトレポート 2016

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス