1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 2017年「今年の漢字」11月受付開始、今年からスマホでの応募が簡単に

2017年10月12日

2017年「今年の漢字」11月受付開始、今年からスマホでの応募が簡単に

日本漢字能力検定協会の2017年「今年の漢字」応募受付が11月1日から開始となる。今年からスマートフォンでの応募がより簡単になった。

「今年の漢字」は、国民一人ひとりが1年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらおうという目的で1995年から毎年開催、今年で23回目を迎える。日本全国および一部海外から応募された漢字一字とその理由を集計し、12月12日の「漢字の日」前後に、最多応募数の漢字を京都・清水寺の森清範貫主の揮毫(きごう)で発表している。

応募方法には、はがき、特設応募サイトのほか、全国900カ所以上の書店・図書館などに設置される「今年の漢字応募箱」や学校、企業などからの団体応募があるが、今年から、会員登録をしなくてもスマートフォンから簡単に応募できるようになった。

また同協会では、11月1日から「2017年今年の漢字」公式Twitterアカウント (@Kotoshinokanji) を開設し、「今年の漢字」についての情報の発信を予定している。

2017年の世相を表す漢字一字とその理由、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を明記のうえ、はがき、「今年の漢字」特設応募サイト、応募箱のいずれかで応募。1回の応募につき、漢字は一字。同一人物の複数の応募可能、ただし、同一の漢字は1票のみ有効とする。受付期間は11月1日 (水) 9:00から12月5日 (火) 23:59まで。

関連URL

「今年の漢字」特設応募サイト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス