1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エドガ、MR体験教育プログラム「HoloLens研修」を提供開始

2017年10月13日

エドガ、MR体験教育プログラム「HoloLens研修」を提供開始

エドガは12日、マイクロソフト社が開発した「HoloLens(ホロレンズ)」の体験や学習機会を創出する企業向け教育研修プログラム「HoloLens研修」の提供を開始すると発表した。

1013-holoこのプログラムは、次世代のコンピューティングになると予測される「複合現実(MR・ Mixed Reailty)」技術をビジネス現場にどのように取り入れていくべきか、HoloLensの機能や特性、国内外の事例を学習し、最後にワークショップ形式で議論するという内容のパッケージになっている。

HoloLensは、スマートフォンやタブレットに次ぐ次世代のデバイスとして、世界的な普及が期待されているものの、日本国内で体験できる場所や施設はほとんど存在していない。

また、海外ではビジネス現場でのHoloLens活用事例が増えつつあるが、日本語の情報が乏しく、その可能性や将来像が十分に議論されていない。

そこで「HoloLens研修」では、HoloLensの可能性を感じることができるように体験→学習→議論の3ステップで進行する。

まず、ステップ1は「HoloLensを体験する」。実際にHoloLensを付けて体感しなければMR技術の可能性や制約を知ることができない。「HoloLens研修」では、初めに機材に触れてみることから経験値を高めていく。

ステップ2は「HoloLensの事例を知る」。このデバイスや技術が現実社会でどのように利用されうるのか、機能的な特徴や国内外のビジネス活用事例をもとに解説する。

ステップ3は「HoloLensを使った未来を考える」。HoloLensが自社に関わるフィールドでどのように利用できるかを質疑応答やワークショップを通じて考えていく。

「HoloLens研修」の研修時間は1時間~複数日、料金は20万円~で、それぞれ内容に応じて決定する。

関連URL

教育研修プログラム

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス