1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルクテラス、教育機関向けコラボツール「ClearS」を提供開始

2017年10月27日

アルクテラス、教育機関向けコラボツール「ClearS」を提供開始

アルクテラスは27日、グローバルユーザー数150万人を超える学習ノート共有アプリClearの法人向けサービスとして、教育機関向けコラボレーションツール「ClearS(クリア・エス)」を提供開始すると発表した。

1026-at対象となるのは教育業界の予備校、研修機関、専門学校などが中心で、現時点で国内の教育企業大手数社が導入、海外でも数社の大手学習塾が導入予定であることも併せて発表いたします。

アルクテラスでは、これまでも教育業界に対して全世界150万超ユーザーを抱える学習ノート共有アプリの「Clear」や個別学習最適化ツールの「カイズ」などを提供してきた。

これまで、Clearを運営してきた中で、国内外の教育系企業から「Clear」を自社の教育事業の一部として、生徒や教員同士が学び合う場として活用したいという要望が多く寄せられ、その後学習機関向けにヒアリングや調査をした内容を元に開発をしたサービスが「ClearS」だという。

基本機能は、学習機関内でのコミュニティ活性化を目的として、学習ノートや指導案などをアルバム形式で共有することが可能な「ノート共有機能」、学習機関内での講師と生徒、あるいは講師同士や生徒同士でのQ&Aを、学習強化別に行うことがでる「Q&A機能」、アプリ内のユーザーに向けて告知やイベントの連絡、アンケートの実施などを行うことができる「タイムライン機能」の3点がある。

現在導入が決まっているのは「大手予備校」「研修機関」「資格学校」「通信教育」「オンライン通信教育事業者」「個別指導塾」など、様々なスタイルの教育系企業。国内、海外で数社の導入が決定している。

今後はパッケージプランでの導入を基本機能としつつ、要望に応じてカスタマイズでの提供なども行なっていくという。

関連URL

ClearS(クリア・エス)

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス