1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINEでExcelに入力ができる、音声AI使ったドキュメント作成「SPALO」

2017年10月4日

LINEでExcelに入力ができる、音声AI使ったドキュメント作成「SPALO」

ミロク情報サービスの子会社ビズオーシャンは3日、音声AIによるドキュメント作成サービス「SPALO」の提供を開始した。

d18493-48-533245-0SPALOは、LINE BOTとIBM Watson日本語版のAPI「Conversation Service」を活用し、スマートフォン内でオリジナルBOTと会話することで、手軽にビジネスドキュメントを作成できるサービス。報告書や業務日報などのドキュメントへの音声入力を可能にする。

ユーザーはLINEを使って必要な情報を話すだけでドキュメントを作成することができる。音声入力したデータは手作業で編集でき、作成中の書類データは随時プレビューできるほか、完成データをPCへ送付して閲覧・編集したり、Excel以外のWordや外部データベース、システムとの連携も可能。また、現在使用しているドキュメントのフォーマットをそのまま変更せずに使用することもできる。

従来のチャットボットにおける音声テキスト入力システムでは、音声で入力された内容をそのまま表示させるものが大半だが、SPALOでは音声入力された文章をIBM Watsonが品詞分解した上で入力するマッピング技術を採用している。これにより、入力された音声を解析・分類し、ドキュメント (報告書、帳票など) 内の正しい項目を選び出し自動入力を行う。記入項目が複数存在するようなドキュメントでも、音声だけで簡単に作成できるようになるという。

移動中の営業担当者、屋外の建築現場、介護施設などでの書類作成が、その場で音声入力するだけで可能になり、事務所に戻ることなく、またPCなどを立ち上げなくても書類作成ができるため、時間短縮による生産性の向上につながることが期待される。

同社では、個人向けプラン「パーソナル版」から法人向けプラン「BtoEプラン」「BtoCプラン」までを展開し、来年3月までに10万人のユーザー獲得を見込んでいる。

関連URL

SPALO

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス