1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINEでExcelに入力ができる、音声AI使ったドキュメント作成「SPALO」

2017年10月4日

LINEでExcelに入力ができる、音声AI使ったドキュメント作成「SPALO」

ミロク情報サービスの子会社ビズオーシャンは3日、音声AIによるドキュメント作成サービス「SPALO」の提供を開始した。

d18493-48-533245-0SPALOは、LINE BOTとIBM Watson日本語版のAPI「Conversation Service」を活用し、スマートフォン内でオリジナルBOTと会話することで、手軽にビジネスドキュメントを作成できるサービス。報告書や業務日報などのドキュメントへの音声入力を可能にする。

ユーザーはLINEを使って必要な情報を話すだけでドキュメントを作成することができる。音声入力したデータは手作業で編集でき、作成中の書類データは随時プレビューできるほか、完成データをPCへ送付して閲覧・編集したり、Excel以外のWordや外部データベース、システムとの連携も可能。また、現在使用しているドキュメントのフォーマットをそのまま変更せずに使用することもできる。

従来のチャットボットにおける音声テキスト入力システムでは、音声で入力された内容をそのまま表示させるものが大半だが、SPALOでは音声入力された文章をIBM Watsonが品詞分解した上で入力するマッピング技術を採用している。これにより、入力された音声を解析・分類し、ドキュメント (報告書、帳票など) 内の正しい項目を選び出し自動入力を行う。記入項目が複数存在するようなドキュメントでも、音声だけで簡単に作成できるようになるという。

移動中の営業担当者、屋外の建築現場、介護施設などでの書類作成が、その場で音声入力するだけで可能になり、事務所に戻ることなく、またPCなどを立ち上げなくても書類作成ができるため、時間短縮による生産性の向上につながることが期待される。

同社では、個人向けプラン「パーソナル版」から法人向けプラン「BtoEプラン」「BtoCプラン」までを展開し、来年3月までに10万人のユーザー獲得を見込んでいる。

関連URL

SPALO

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス