1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N予備校、センター試験対策の「大型冬期講習」を初開講

2017年11月14日

N予備校、センター試験対策の「大型冬期講習」を初開講

角川ドワンゴ学園 「N高等学校」は13日、同校の生徒がネットで受講する課外学習のオンラインプラットフォーム「N予備校」で、12月11日~1月12日の冬休み期間に、冬期講習を初開講すると発表した。

N予備校の冬期講習では、受験生向けの3講座と高校1・2年生向けの2講座、合わせて5つの講座を開設。センター試験を間近に控えた受験生に向けて、5教科13科目の「①センター直前チェックテスト」(英文法・英文読解・数学ⅠA・数学ⅡB・現代文・古文・漢文・物理・化学・生物・日本史・世界史・地理)を実施する。

テストを受けた直後に全国の受講生が一斉に答え合わせをし、各問題の正答率を確かめられる。各問題の正答率の傾向と自身の正誤を照らし合わせることで、苦手な部分を洗い出し、約2週間後に迫るセンター試験に最後のチューンナップをはかる。

さらに、チェックテスト前におさらいしておきたいポイントを凝縮した、受験生には心強い「②センター直前総まとめ」(英文法・古文・漢文・物理・化学・生物・生物基礎・日本史・世界史・地理)、1年通して受験勉強を支えてきたN予備校の全講師11人が熱いエールを送る「③センター直前N予備校ホームルーム」が行われる。

受験生対象の3講座だけで計85時間を超える徹底指導で、センター試験の最終調整をN予備校が全力でバックアップするという。

また、次期受験生となる高校1・2年生に向けた2つの講座も用意。「④英・数・国センターチャレンジ」(英語・数学・現代文・古文・漢文)では、各科目の第1・2回目で見られたつまずきやすい箇所について課題を出し、約2週間後の第3回目で再び取り組む。

さらに、「⑤冬に差をつけるスタートダッシュ」(物理・化学・生物・世界史・地理)では、受験勉強が後手に回りがちな理科や社会について、未習熟分野にも一足早く取り組む。

以上、①~⑤の全5講座を合わせて夏期講習の100時間をさらに上回る115時間超となる大型冬期講習を初開講する。

関連URL

N予備校・冬期講習ページ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス