1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ロボコン「アフレルスプリングカップ2018」が参加者募集を開始

2017年11月30日

ロボコン「アフレルスプリングカップ2018」が参加者募集を開始

アフレルは29日、来年3月に開催する「アフレルスプリングカップ2018」の参加者募集を開始した。

d7203-12-838810-4

「アフレルスプリングカップ」は、小中高校、大学、専門学校を対象にした初心者向けのロボットコンテスト。教育版レゴ マインドストームEV3を使用し、国際的ロボットコンテストWorld Robot Olympiad (WRO) への出場を見据えた競技内容となっている。

1チームのつき選手2~3名とコーチ1名での出場が可能で、小学生部門、中学生部門、高校生部門 (初級・上級)、ユニバーシティ部門 (高校、大学、高専、専門学校など) の各部門ごとに競技を行う。全競技部門で200チームの参加を予定しており、東京と大阪で開催する。

また、アフレルスプリングカップに出場してみたいけれど自信がない、どのように練習していいか分からないなどという声に応え、出場を検討するチームのコーチを対象に、ワークショップを開催する。詳細は12月中旬に発表の予定。

さらに、12月1日~2月28日の間、大会出場者向けに、走行コースやプログラミングガイドを含んだWRO2017の各セットに、競技オブジェクトの作成に必要な「WROブロックセット」やシミュレーションで繰り返し練習ができる「Virtual Robotics Toolkit」などの特典が付いた特別セットも販売する。

大会の概要

開催日程/会場 :
■東京大会
3月26日 (月) /大田区総合体育館 メインアリーナ [東京都大田区東蒲田1-11-1]
■大阪大会
3月29日 (木) /大阪工業大学 梅田キャンパス [大阪市北区茶屋町1-45]
参加費 : 1名あたり2000円
使用機材 : 教育版レゴ マインドストームEV3、 (ユニバーシティ部門のみ) TETRIX
応募期間 : 11月29日 (水) ~2月15日 (木) 15:00

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス