1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Classi、東京工業大と自然言語処理を使った機械での自動作問実証研究

2018年1月11日

Classi、東京工業大と自然言語処理を使った機械での自動作問実証研究

Classiは10日、東京工業大学の徳永健伸研究室と協力し、自然言語処理を使って自動で問題を作成する仕組みを実用化するための実証研究を、今月から開始すると発表した。

d120-623-995124-0Classiは学校向け学習支援プラットフォームとして、現在すでに1000以上の単元と6段階の難易度に分類された約7万の問題を提供しているが、今後同サービスの利用者が拡大し、さまざまな進度の生徒が学習を繰り返すことにより、より多くの問題が必要になってくる事態に備え、自動作問によってさまざまな問題を早く大量に生成し、学力に応じた最適な問題を提供できるようになることを目的としている。

今回の実証研究において、Classiは問題を回答・集計するための「Classi」プラットフォームの提供、分析、実習研究の推進を行い、アダプティブ・ラーニングで枯渇していく問題を自動で生成することを目指す。

具体的には、1月~3月にかけて高校1年生120名程度を対象に、自動で作成した問題をClassiのプラットフォーム上で配信し、生徒に解答してもらう。続いて、あらかじめテストで測られた生徒の学力と、問題の正解率の相関を評価する。今回の実証研究では、英単語の意味を問う問題を自動作問するシステムを評価する。

関連URL

Classi

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録