1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N予備校&ニコ生、作家・冲方丁の小説創作授業を19日無料生配信

2018年1月15日

N予備校&ニコ生、作家・冲方丁の小説創作授業を19日無料生配信

N高等学校は、同校の生徒が利用する学習アプリ「N予備校」で、作家・冲方丁(うぶかた・とう)氏による特別授業「KADOKAWA文芸小説創作授業」を19日に行う。

冲方丁氏

冲方丁氏

この特別授業は「ニコニコ生放送」でも同時に生配信し、N高生徒以外も無料で視聴できる。

同授業は、KADOKAWAから作品を発表する作家を講師にして、小説の創作に必要な知識や表現方法などを学習する。

2017年11月に第1回「ペンネームを考えてみよう」、12月に第2回「一人称視点と三人称視点」をN高生限定の特別授業として実施。

第3回となる今回の授業では、「ある言葉を、その言葉を使わずに説明しよう」をテーマに授業。ものごとを定義し、その定義を他人に説明する力を養う。N高生が回答した事前課題に対して、授業で講評と解説を行う。最終回となる今回の授業は、一般の人も受講できるよう、「N予備校」と「ニコニコ生放送」で無料公開する。

冲方丁氏は、1996年「黒い季節」で第1回スニーカー大賞金賞を受賞してデビュー。2003年「マルドゥック・スクランブル」で第24回日本SF大賞受賞。2009年に刊行した「天地明察」で第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞、2011大学読書人大賞、第7回北東文芸賞、第4回舟橋聖一文学賞を受賞。2012年「光圀伝」で第3回山田風太郎賞を受賞。近著に、「はなとゆめ」「マルドゥック・アノニマス」「十二人の死にたい子どもたち」「戦の国」などがある。

特別授業の概要

放送日時:1月19日(金)20:00~21:00

視聴先:N予備校 ニコニコ生放送

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス