1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スポーツ分析システム「Spolyzer」、テニス・卓球などのβ版公開

2018年1月23日

スポーツ分析システム「Spolyzer」、テニス・卓球などのβ版公開

WaterFowlは22日、アスリートの勝利に貢献するスポーツ分析サービス「Spolyzer」のテニス・卓球・バドミントンVerのβ版を、2月末にリリースする予定だと発表した。

0123-sp「Spolyzer」は、スポーツ分析を「スタッフに負担なく、最短時間、低コスト」で実現するため、各競技に最適化したスコアシートにスコアを入力。スタッツ分析(統計情報を元にしたスコア分析)と動作分析の両輪でアスリートの持っている潜在的な成長可能性を最大化していく。

「Spolyzer」では、従来のスポーツ分析にかかっていた時間的ストレスや高額なソフト費用を削減し、スポーツ分析のハードルを下げることで、これまでトップクラスのチームでしか行われてこなかったスポーツ分析をアマチュア層にまで広げていく考え。

テニス・卓球・バドミントンVerのβ版を2月末にリリースし、関東県内のクラブチームと部活動を対象に約30チームで運用。プロダクトの改善点を修正する予定。

なお、現在もβ版の運用を受け入れ可能なチームを募集中。

関連URL

WaterFowl

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス