1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング学習教材コードモンキー、「達成証書」の配布を開始

2018年4月26日

プログラミング学習教材コードモンキー、「達成証書」の配布を開始

ジャパン・トゥエンティワンは24日、コードモンキー・スタジオのマスターディストリビューターとして、オンラインのプログラミング学習ゲーム「コードモンキー/コードの冒険」の達成度を証明する「達成証書」の配布を開始した。

0426-cm
「コードモンキー/コードの冒険」は、『サルをプログラムで動かしてバナナをとる』という単純明快な目的を持った課題達成型のプログラミング教材。ブロック型のビジュアル言語ではなく、本格的なテキストベースのプログラミングが手軽に学べる教材として、小学生から大人までに広く親しまれているという。

同ゲームは、「チャレンジ」と呼ばれるステージをどこまでクリアしたかで達成度を測ることができるのが特長。無料体験版が30ステージ、教育用ライセンス・エントリーが100ステージ、同アドバンスおよび個人用ライセンスが400ステージで構成されており、それぞれについて達成度を証明する「達成証書」を無料配布する。

無料体験版および教育用ライセンス・エントリーについては、「コードの冒険」を利用している学校や教室の教師の判断で「達成証書」を発行・配布、アドバンスおよび個人用ライセンスについては、満点を意味する「三ッ星」で全ステージを修了していることを同社がオンラインで確認した上での発行となる。各証書はA4サイズで印刷できるPDF形式の電子データとして配布する。

関連URL

コードモンキー/コードの冒険

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス