1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. J21、「Python」を「コードモンキー」で学ぶ体験版を公開

2019年7月4日

J21、「Python」を「コードモンキー」で学ぶ体験版を公開

ジャパン・トゥエンティワン(J21)は3日、課題達成型プログラミング教材「コードモンキー」シリーズの最新タイトルとして、Python言語の基礎を学ぶ新シリーズ「バナナ・テイルズ」体験版の提供を開始した。

0704-j21「コードモンキー/バナナ・テイルズ」は、「コードモンキー/コードの冒険」と同じくPCのブラウザ上で動作するインストール不要のプログラミング教材。プログラミング言語Pythonを使い、バナナを載せた地上走行型ドローンが無事にサルの赤ちゃんのいる所へたどりつけるように、キリンやヘビ、クジラやドラゴンといったキャラクターをプログラミングで操ってドローンが通る道を作る。

「コードモンキー/バナナ・テイルズ」製品版は、全125ステージで今秋の販売開始を予定しており、今回は、その最初の21ステージを「コードモンキー」シリーズのサブスクリプションに「体験版」として追加した。「コードの冒険」正規ユーザーは追加料金なしで楽しむことができる。

体験版では順次実行、リスト、forループまでを、製品版では変数、if else文、whileループ、ブーリアン演算子、関数、クラス、クラスオブジェクト、ソートなどを、課題達成型教材を通して楽しみながら学ぶことができる。

また、愛知県蒲郡市の海陽中等教育学校で今月下旬に開催する、小学校高学年を対象とした宿泊体験入学では、小学5年生向けのアクティビティとして「バナナ・テイルズ」を利用したPythonプログラミング入門講座を実施する。当日は体験版の先のステージの利用も予定しており、先駆けて体験することができる。

関連URL

「コードモンキー/バナナ・テイルズ」

宿泊体験入学について

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス