1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. チエル、『Glexa』と『ABLish』をバージョンアップして販売

2018年5月15日

チエル、『Glexa』と『ABLish』をバージョンアップして販売

チエルは14日、Android OS 搭載スマートフォンに対応するe ラーニングシステム『Glexa(グレクサ)』の提供を6月1日から開始、また時事英語ニュース学習システム『ABLish (エイブリッシュ)』にチャンキング機能を加えた改訂版(Ver3.0)を、7月20日に販売開始すると発表した。

GlexaGlexa(グレクサ)は、学習に必要な「読む・書く・聞く・話す」の 4 技能を網羅した eラーニングシステム。マルチメディアに強く、「人と人との対面」を強く意識したブレンデッド LMS。学生のコミュニケーション力を高めるチャットやフォーラム、対話を重視した会話シミュレート機能、そして映像や音声を編集してオリジナルの問題も作成できることから、様々な分野の教育にも利用できるという。

今回のAndroid対応により、すでに提供中のiPhone/iPod touch/iPad 用のアプリとあわせ、10種類の多彩なクイズやビデオ学習などにより、学生はいつでも課題にチャレンジすることができる。また、ChromeOS 搭載 PCであるChromebook にも正式な動作環境としてサポートされている。

ABLish『ABLish』は、新鮮なニュース素材で教養を身につけながら読解力の強化をはじめ、ベーシック・イングリッシュが身につくよう機能を改善した。英検、TOEFLテスト・TOEICテストなどの試験対策や、アクティブ・ラーニングを取り入れた英語の授業用教材としても活用できる。

今回のバージョンアップでは、学生が使いやすく長文読解に最適な学習機能を搭載、また教員が使いやすく管理の手間を最小限にするため、課題提出の通知などユーザーインターフェースを強化した。併せて、学生・教員の使いやすさを追求し、画面のデザインも刷新した。

関連URL

Glexa

ABLish

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス