1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. チエル、大阪府立住吉高と英語ニュース教材活用した実証研究開始

2017年9月7日

チエル、大阪府立住吉高と英語ニュース教材活用した実証研究開始

チエルは6日、英語ニュース教材「ABLish(エイブリッシュ)」を活用し、大阪府立住吉高校と英語教育の実証研究を開始したと発表した。

01高度な英語力を身に付ける授業に取り組んでいる住吉高校は、さらなる英語力の向上を目指す新たな取り組みとして、生徒が興味をもてる世界のトピックを題材にした英語ニュース教材「ABLish」をリスニング教材として活用することを皮切りに、英語教育に関する実証研究を開始することにしたという。

「ABLish」は、世界の政治・経済・スポーツ・芸能など 21 カテゴリに分類して作成されたオーセンティックなニュースから、2 種類のレベルの文章、読み上げ音声、クイズなどの学習コンテンツを付帯した英語ニュース教材。

英語学習に最適な教材となるよう、英語教育の専門家と翻訳のプロによって制作されており、TOEFLテスト・TOEICテストなどの試験対策や、アクティブ・ラーニングを取り入れた英語の授業として活用できる。

関連URL

ABLish

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 双方向授業で授業が変わる!学生が伸びる! クリッカーシステム FLOW(フロー) CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録