1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 神戸デジタル・ラボ、花園中高の企業提案型プログラムに協賛

2018年5月15日

神戸デジタル・ラボ、花園中高の企業提案型プログラムに協賛

神戸デジタル・ラボ(KDL)は14日、花園学園 花園中学高等学校のカリキュラムの一環である企業提案型プログラム「ディスカバリープログラム」に、日本マイクロソフト、ポケット・クリエーズ、ホロラボとともに協賛すると発表した。

ba206ad4d9

同プログラムは既に開始しており、4月27日に開催されたキックオフでは協賛企業による会社紹介とテーマに利用するMicrosoft HoloLens体験会が行われた。

花園中学高等学校では、社会で求められる主体性、協調性、リーダーシップなどを高めるためのアクティブ・ラーニング型の授業を採用。その一環として企業からの課題について中学3年生が調査し、企業に提案するプログラムを実施している。

KDLは、同学園の、自身の力で考え、組み立て、企画・提案する教育内容に賛同。世界に通じる人材教育に寄与するため、同プログラムに協賛したという。

今回のプログラムでは、複数のテーマの中から、Microsoft HoloLensを用いたMRの利活用をテーマにした課題に対する学生の企画提案に、アイデア出し、発表会、アプリの実現などの面で支援する。

具体的なテーマは、「MRの利活用がもたらす未来型教育を提案せよ」と「MRの利活用がもたらす未来の生活を創造せよ」。既に3月にミッション通達し、4月~6月にグループ調査、7月~8月に調査・取材活動、9月~11月に企画発表を行う予定。

関連URL

神戸デジタル・ラボ

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録