1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所、「オンライン書店の利用に関する調査」結果発表

2018年7月4日

MMD研究所、「オンライン書店の利用に関する調査」結果発表

MMD研究所は3日、15歳~69歳の男女5000人を対象に行った「オンライン書店の利用に関する調査」の結果をまとめ発表した。調査は6月22~25日に、インターネットで実施。

00それによると、書籍を購入したことがある場所を聞いたところ「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が35.1%、「デパートなど商業施設の中の書店」が32.5%だった。

男女別で見ると、男性は「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が33.8%、「ブックオフ」が32.6%だったのに対し、女性は男性同様「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が36.4%、「デパートなど商業施設の中の書店」が33.9%。

01オンライン書店を利用した理由については、男性で最も多かったのは「書店にいかなくても注文ができるから」の41.8%。次いで「書店に置いてない書籍が購入できるから」40.9%、「品ぞろえが豊富だから」37.9%の順。

一方、女性で最も多かったのは「書店にいかなくても注文ができるから」49.3%、次いで「時間を問わずいつでも検索、注文できるから」47.0%、「書店に置いてない書籍が購入できるから」43.8%だった。

オンライン書店の中で利用したことがあるサービスでは、男性で最も多かったサービスは「Amazon」の78.9%。次いで「楽天ブックス」61.1%、「Yahoo!ショッピング」 23.3%。女性も男性同様に「Amazon」の76.0%が最多で、次いで「楽天ブックス」60.2%、「Yahoo!ショッピング」17.4%の順。

オンライン書店を利用する上で重要なポイントに関しては、男性で最も多かったのは「送料が無料」62.4%で、次いで「品ぞろえが豊富」45.5%、「ポイントが貯まる」41.7%。女性も男性同様に「送料が無料」が67.9%と最も多く、次いで「品ぞろえが豊富」49.3%、「ポイントが貯まる」45.0%だった。

関連URL

データの詳細

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス