1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ドコモ未来ミュージアム、映画「未来のミライ」とコラボが決定

2018年7月4日

ドコモ未来ミュージアム、映画「未来のミライ」とコラボが決定

NTTドコモは、全国の子どもたちを対象にした、日本最大級の創作絵画コンクール「第17回ドコモ未来ミュージアム ~みんなの想像力が未来をつくる~」の創作絵画作品を6月1日~9月7日まで募集している。

d19434-7-651334-0「ドコモ未来ミュージアム」は、ドコモが2002年から毎年開催している創作絵画コンクール。「僕たち私たちの未来のくらし」をテーマに、子どもたちが将来「こうなってほしい」と思うことや「こうしたい」と想像する未来の世界や希望を自由な発想で描く。

d19434-7-348390-1本年は、2009年からスタートしたPCやタブレットなどで描く作品を対象にした「デジタル部門」の10周年を記念して、7月20日公開の映画「未来のミライ」とのコラボレーションが決定。

同映画の細田守監督が「第17回ドコモ未来ミュージアム」の特別審査員に就任し、「細田守監督賞」を選出するほか、応募者には参加賞として細田監督の描き下ろしイラスト入りオリジナルノートを贈呈。細田監督が、ドコモ未来ミュージアムの魅力を語るスペシャルインタビュー動画も公式HPで公開する。

また、8月4日には、中学生までの子どもと保護者を対象に、デジタルハリウッド大学と共催するデジタルアートワークショップ「映画『未来のミライ』細田守監督に聞く!デジタルがひらくこどもアートの世界」を開催する。

第1部のパネルディスカッションでは細田監督と、「サマーウォーズ」から「未来のミライ」までのCG ディレクターを務め、デジタルハリウッド専門スクールOBのデジタル・フロンティアの堀部亮氏、デジタルハリウッド大学・南雲治嘉名誉教授が登壇し、「未来のミライ」の制作課程などを語る。

第2部のワークショップでは、子どもたちがデジタルアート制作を体験。同イベントの様子は当日、公式HPで生配信予定。

関連URL

ドコモ未来ミュージアム

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録