1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 創作絵画コンクール「ドコモ未来ミュージアム」作品募集開始

2017年6月2日

創作絵画コンクール「ドコモ未来ミュージアム」作品募集開始

NTTドコモは1日、全国の3歳以上中学生以下の子どもたちを対象にした、日本最大級の創作絵画コンクール「第16回『ドコモ未来ミュージアム』~みんなの夢が、未来をつれてくる。~」の創作絵画作品を9月8日まで募集すると発表した。

「ドコモ未来ミュージアム」は、ドコモが2002年から毎年開催している創作絵画コンクール。

「僕たち私たちの未来のくらし」をテーマに、子どもたちが将来「こうなってほしい」と思うことや「こうしたい」と想像する未来の世界や希望を自由な発想で描いてもらうもの。
昨年の応募数は14万1365作品で、これまでの応募総数は120万点を超えた。

回を重ねるごとに「未来」の表現も多様化し、近年では子どもたち自身の身近な生活から未来を描く作品が多くなっているという。

絵画部門、デジタル部門があり、ともに応募者1人につき複数の作品応募が可能。応募作品は返却されない。

「第16回『ドコモ未来ミュージアム』」の概要

■応募テーマ
「僕たち私たちの未来のくらし」 *本人が創作したオリジナル作品に限る

■作品送付先
〒1050004 東京都港区新橋2161 7F ドコモ未来ミュージアム事務局

■応募期間
2017年6月1日(木)~ 9月8日(金)*締切日消印有効

■応募対象
日本国内に在住、あるいは在学中の3歳以上の未就学児童から中学生(国籍不問)

■応募部門
【絵画部門】
未就学児童の部(幼稚園・保育園児を含む)/小学校1~2年生の部/小学校3~4年生の部/小学校5~6年生の部/中学生の部

【デジタル部門】
年齢別審査なし

■用紙サイズ・画材
通常はがきサイズ(100mm×148mm)以上、画用紙四つ切りサイズ(540mm×380mm)以下。画材は自由。

■応募方法詳細
【絵画部門】
・作品の裏面に「応募シート」を貼り付け、作品送付先まで郵送。「応募シート」は、「ドコモ未来ミュージアム」のPC版ホームページからダウンロードが可能。
・ダウンロードできない場合は、A4サイズの用紙に①応募部門、②作品名(作品説明がある場合は100字以内)、③郵便番号、④住所、⑤氏名、⑥年齢、⑦電話番号、⑧FAX番号、⑨在籍する学校名・学年を明記して代用。

【デジタル部門】
・PC版ホームページから、応募可能。詳しくはPC版ホームページ参照。
・郵送の場合は、作品を出力(540mm×380mm以内)して裏面に「応募シート」を貼り付けるか、CDまたはDVDに作品データ(JPEG、GIF、 PNG、 BMPのいずれか)を記録し、データを応募者名で保存して、「応募シート」を同封し作品送付先まで郵送。

問い合わせ先

ドコモ未来ミュージアムPR事務局
TEL:0345310240
メールアドレス:dmmpr@ozma.co.jp

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス