1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 社会問題をテクノロジーで解決するコンテスト、ファイナリストを発表

2018年8月28日

社会問題をテクノロジーで解決するコンテスト、ファイナリストを発表

LITALICOが開催する「SOCIAL FIGHTER AWARD」は27日、「学校」をテーマにした第1弾の1次審査を実施し、最終審査会に進むファイナリスト6作品を選出した。

d25994-53-786758-0「SOCIAL FIGHTER AWARD」は、テクノロジーの力で社会課題にアプローチしていく課題解決型コンテスト。「課題・アイデア」と「テクノロジー (技術)」が出会い、さまざまな社会課題 (ビジネスシーズ) と技術が掛け合わされる場をつくることで、社会が前進する環境を作ることを目指している。

今回は「学校にある課題を攻略せよ」をテーマに、4月5日~7月31日まで応募を受け付け、141作品の応募があった。IMPACT (独自性の高さ・驚きやワクワクがあるか) ×TECHNOLOGY (技術の凄さ・完成度の高さ) ×POSSIBILITY (課題に対する実現性・応用可能性の高さ) の3つの視点から一次審査を実施し、ユニークな6作品をファイナリストとして選出した。

ファイナリスト6作品の制作者・チームは、9月17日13:30から日本マイクロソフトで開催する最終審査会でプレゼンテーションを行い、最優秀賞に相当する「BEST OF SOCIAL FIGHTER賞」(賞金100万円) と部門賞が決定される。最終審査会には一般の人の聴講も受け付けており、聴講者投票で決まる部門賞への投票権も与えられる。

最終審査会の概要

開催日時 : 9月17日 (月・祝) 13:30~17:30 (13:00開場)
開催会場 : 日本マイクロソフト品川本社 [東京都港区港南2-16-3品川グランドセントラルタワー]
聴講参加定員 : 250名 (先着順)
参加費 : 無料
申 込 : 公式サイト内の応募フォームから

関連URL

SOCIAL FIGHTER AWARD 公式サイト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス