1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 発達障がい児を支援するLITALICOアプリ、世界合計100万DLを突破

2018年5月22日

発達障がい児を支援するLITALICOアプリ、世界合計100万DLを突破

LITALICOは、昨年4月から発達障がいの子どもを支援するスマートフォンアプリの配信を行ってきたが、配信開始から1年を経過した今年4月に、配信タイトルの合計ダウンロード数が100万を突破したと発表した。

<ダウンロードアプリ 1位> ねずみタイマー(2017年5月29日配信開始)

ダウンロードアプリ 1位
ねずみタイマー(2017年5月29日配信開始)

同社では、時間管理が苦手な子ども向けにねずみがリンゴをかじる表現で時間の経過を伝える「ねずみタイマー」、音声で意思を伝えるのが難しい子どもをサポートするコミュニケーションアプリ「えこみゅ」など、現在までに8作品を配信している。

合計100万を突破したダウンロードのうち、8割以上が海外でダウンロードされていることが特徴。特に多くのタイトルがApp Storeでフィーチャーされた中国でのダウンロードが全体の約6割を占めており、国内のみならず海外でも、発達障がいの子どもを支援するツールに高いニーズのあることが窺えるとしている。

また今年4月には、Google Playが世界の優れたアプリやゲームを表彰する「2018 Google Play Awards」で、同社の「声の大きさのコントロール」を楽しく学ぶゲームアプリ「こえキャッチ」が、障がいのある人など特別なニーズのある利用者向けのタイトルを対象としたBest Accessibility Experience部門で優秀作品の1つとしてノミネートされたという。

同社では、テクノロジーの力で社会問題にアプローチしていく課題解決型コンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD」を開始した。第1弾は「学校」をテーマに、学校の課題を解決するプロダクトを募集している。

関連URL

LITALICOの配信アプリ

SOCIAL FIGHTER AWARD

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
KENスクール30周年記念! 「IT企業の教育担当者向けセミナー」開催! これからの社会で必要とされる教育のために。
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
ICT教育ニュース Web展示会 プログラミング教室・ツール展 出展企業募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • ICT導入&活用公開セミナー 全国各地で開催中 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス