1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 大学研究者に特化した出版サービス「近代科学社DIGITAL」が誕生

2018年8月9日

大学研究者に特化した出版サービス「近代科学社DIGITAL」が誕生

近代科学社とインプレスR&Dは8日、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を活用した、大学研究者向けオンデマンド出版サービスを共同開発したと発表した。

d5875-2292-258880-0NextPublishingが提供する電子書籍とPOD(プリント・オンデマンド)を活用した印刷書籍によるオンデマンド出版を、近代科学社の流通網と組み合わせることで、大学生協などの大学内書店に対して事前に在庫を持つことなく、必要に応じ印刷書籍を販売できるようになった。

今回の取り組みにより、近代科学社は大学研究者向けオンデマンド出版サービスを採用した発行ブランド「近代科学社DIGITAL」を新たに立ち上げ、大学に所属している理系研究者(教授、准教授、助教、講師、研究員、ドクターコース在学者)を対象に、出版コストを大幅に削減した新しい出版サービスとして提供する。

「近代科学社DIGITAL」は、著者と出版社が共同で企画、出版、流通にかかるリスクを分かち合うことで、出版社側の販売都合にかかわらず、出版を実現。

研究者(著者)は、企画と原稿、出版分担金(基本30万円を想定)を、「近代科学社DIGITAL」は編集制作、印刷、流通に係わる業務を、それぞれコストとして負担する。

また発行会社「近代科学社」の本として、通常の書籍と同じようにISBNコードを付けて流通させる。受付け時に企画内容の審査は行うが、「売れるか売れないか」は審査基準とはせず、まず世の中に出すことを優先するという。

今回はプレオープンにつき、年内出版分については出版分担金は無料。

関連URL

「近代科学社DIGITAL」申込

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録