1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N高、新しい教育コンセプトの通学型スクール「N中等部」を来春開校

2018年9月14日

N高、新しい教育コンセプトの通学型スクール「N中等部」を来春開校

角川ドワンゴ学園「N高等学校」(N高)は13日、通学型スクール「N中等部」を、東京都内に2019年4月開校すると発表した。

N中等部バナー
「常識を超えて、未来を創る。」をスローガンにしたN中等部は、社会で求められる創造力を身につけるために、実践型授業を柱にしたカリキュラムで学習を行う、新しい教育コンセプトの“プログレッシブスクール”だという。N中等部で身につけた創造力で、一人ひとりがイノベーションを起こせるようになることを目指していく。

対象は、不登校の生徒、学校が合わないなど違和感を持つ生徒で、創造力と協働力を身につける実践型授業を柱にしたカリキュラムで学習する。また、現在の日本では通信制中学をつくることは認められていないため、学校教育法第一条に定められた一条校ではなく、生徒は中学に在籍しながら通学をする。

N中等部では、N高につながる「探究学習」、「先取り学習」、「プログラミング学習」の3つの一貫教育をカリキュラムの基本としており、6年間を通して創造力を育成する。

N高等学校 相原翼さん(左)と 川上量生学園理事(右)

N高 相原翼さん(左)と 川上量生学園理事

N高として力を入れている実践型授業について川上量生学園理事は、「プログラミングは全員が学ぶカリキュラムだが個人差がある、適性のある生徒には更に実践的に学べる自由選択のクラスが用意されている。文芸小説創作なら、作品をプロに読んでもらい評価してもらうというのが実践的である。こういった実践的な選択肢をどんどん増やしていく。人生を救うような武器を作ってほしい」と語った。

発表会では、第18回アジア競技大会で大会初のesports「ウイニングイレブン 2018」日本代表として金メダルを獲得した、N高等学校の相原翼さんが紹介され、「自分のペースで学習できるのが良い点、決められた時間割のストレスがない」とメダルを胸に語った。

N中等部 概要

開校時期:2019年4月(準備中)
所在地:東京都内(新宿・代々木付近)
定員:40名
年間費用:
・Weekday Course(週5)…6万4800円/期
・3 Days Course(週3)…4万8600円/期
・1 Day Course(週1)…3万2400円/期
※初年度は入学金などの諸経費が別途かかる
※設備管理費が期毎に1万800円かかる
※学校休校日等を除く年間の登校日を12分割したものを1期とする12期制
入学資格:小学校卒業、またはそれに準ずるもので、2019年4月時点で中学校に在籍する者

関連URL

角川ドワンゴ学園N中等部

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス