1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 角川ドワンゴ学園、「N中等部」秋葉原キャンパスが2019年4月開校

2018年12月12日

角川ドワンゴ学園、「N中等部」秋葉原キャンパスが2019年4月開校

角川ドワンゴ学園は11日、新スクール事業「N中等部」において、東京・新宿、大阪・江坂に続き、東京の秋葉原に新キャンパスを増設することを決定した。

caaee3d39477786adc39fa7203deee20「N中等部」は、学校教育法第一条に定める中学校ではなく、教育機会確保法の趣旨に基づいて運営する通学型のスクールで、中学校に在籍したまま通学する。「常識を超えて、未来を創る」をスローガンに、新しいコンセプトの「プログレッシブスクール」を目指して開設する。

社会で求められる創造力を身につけるために、実践型授業を柱にしたカリキュラムで構成している。「N高等学校」のインターネットを活用した教育ノウハウを活かし、一人ひとりの個性や学習ニーズに合った学習システムを提供する。探究学習、基礎学習 (国数英)、プログラミング学習をカリキュラムの柱とし、N高と連携した6年間の一貫教育を展開し、生徒各自の目標達成を目指す。

入学資格は小学校卒業、または、それに準ずるもので、2019年4月時点で中学校に在籍する子ども。年間の登校日を12分割したものを1期とする12期制をとっており、年間費用はWeekday Course 6万4800円/期、3 Days Course 4万8600円/期、1 Day Course 3万2400円/期となっている。そのほか、入学金などの諸経費、設備管理費がかかる。

合わせて、これまで未発表だった新宿キャンパスの住所も公開された。2019年4月からの開校初年度は、3キャンパスとも各定員150名で開校する。来年1月以降に各キャンパスの入学テスト実施を予定している。

関連URL

N中等部

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス