1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINEのAIアシスタント「Clova」に対応した「もぐもぐワオっち」配信開始

2018年11月27日

LINEのAIアシスタント「Clova」に対応した「もぐもぐワオっち」配信開始

ワオ・コーポレーションの子ども向け知育アプリ「ワオっち!」は26日、LINEが提供するAIアシスタント「Clova」に対応した知育コンテンツ「もぐもぐワオっち」を配信開始した。

d15572-573-677815-0LINEの提供する「Clova WAVE」や「Clova Friends」などのスマートスピーカーに、子どもたちが「ねぇClova、“もぐもぐワオっち”を起動して!」と話しかけると、「ワオっち」が応答して会話を楽しめる。

第1弾のテーマは「食べ物の名前を言ってみよう」。Clovaに話しかけることで「ワオっち」と食べ物をテーマにしたおしゃべりを楽しむことができる。

幼児期の子どもたちは、コミュニケーションの中で語彙を増やし、言葉を育んでいくことから、スマートスピーカーを家族全員で使うことで子どもの言語能力の育成につながることが期待される。

対象は2歳以上。Clova搭載デバイス (「Clova WAVE」「Clova Friends」「Clova Friends mini」) を持っていれば、LINE Clovaアプリ内のスキルストアで「もぐもぐワオっち」を選択し無料で利用できる。

関連URL

LINE Clova

ワオっち!

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス