1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINE「Clova」、IFTTT対応開始で「学校を出たらClovaへ通知」

2018年3月23日

LINE「Clova」、IFTTT対応開始で「学校を出たらClovaへ通知」

LINEは22日、AIアシスタント「Clova」をIFTTTに対応させ、さまざまなサービスと連携させて利用できるようにしたと発表した。

0323-ln同社は、2017年3月「Mobile World Congress 2017」でAIアシスタント「Clova」を発表して以降、「Clova」を搭載したファーストデバイスとしてスマートスピーカー「Clova WAVE」を、LINEキャラクターをモチーフにした「Clova Friends」を次々発表し、進化させてきた。

今回、「Clova」のプラットフォームをオープンにする第1弾として、22日から、「Clova」をIFTTTに対応させ、「学校を出たら(自動的に)Clovaへ通知する」など、便利なサービスを利用できるようにした。

IFTTTは、単体でも便利な機能を提供するwebサービス同士を、「IF This Then That(もし○○(This)したら、その時は△△(That)をする)」の形式で連携させ、新しいサービスとしてさらに多くのことを実現できるwebサービス。

カレンダー・ロケーション・健康・開発者ツールなど様々な領域の600ほどのwebサービスが対応しており、ユーザーはサンプルのアプレットを利用したり、自分自身でサービス同士を連携させて新しいアプレットを作ることができる。

また、「Clova」はIFTTT対応で、他のサービスと連携して「Clova公式Blogに新機能が紹介されたら通知」「目標体重を下回ったら褒めてくれる」「Trelloのリストに新しいカードが追加されたら通知」などのサービスをサンプルとして提供する。

関連URL

Clova

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス