1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 英会話学習アプリ 『TerraTalk』を大阪明星学園が導入

2018年12月25日

英会話学習アプリ 『TerraTalk』を大阪明星学園が導入

英会話学習アプリケーションの 『TerraTalk(テラトーク)』を運営するジョイズは21日、大阪明星学園 明星高等学校に AI 英会話アプリ「TerraTalk」が導入されたと発表した。

「TerraTalk」を使用した授業風景

「TerraTalk」を使用した授業風景

これにより、AI が生徒のスピーキング力を「文法」「語彙」「発音」「流暢さ」から総合的に評価するため、生徒は自らの英会話力を正確に把握でき改善につなげられるほか、一人ひとりの弱点をAI が分析してオリジナルの克服ドリルが作成されたり、AI を相手に外部検定試験の面接練習ができたりと英会話のための学習環境が整うという。

明星高校は、大阪明星学園が運営する中高一貫校。中高一貫校では高校受験を経験しない生徒が多く、受験前後の学年である中学3 年時と高校1年時の生徒には家庭学習を含めた継続的な学習習慣の定着が重要視されている。また、英語のスピーキング科目においては、生徒一人ひとりの実力に合わせた会話の展開が重要であり、教師による対面での指導が効果的だが、教師への負担が大きいことが課題であったことから、明星高校ではスマートフォンやタブレットでのAI とのレッスンで英会話を学ぶ「TerraTalk」の導入に至った。

「TerraTalk」の利用画面

「TerraTalk」の利用画面

「TerraTalk」は、AI(人工知能)との英会話を通じてスピーキングを学習できる英会話アプリで、世界 136 カ国の英語学習者たちに利用されているほか、2020年の教育改革に備え、中学や高校を中心に、英語学校や塾など全国 200 以上の教育機関に導入されている。

今回の導入は、基礎文法の定着や外部検定試験のスコア上昇を目的としており、高校1年生の英語授業に毎週1回、アプリを活用する。また、これまで明星高校の ICT を活用した授業は PC のみだったが、今回、ジョイズが貸与したタブレット端末を授業内で活用することで、学校のタブレットと生徒の自宅にある端末とを連携した学習が可能になった。これにより、生徒は授業の続きを自分のスマートフォンなどで自宅や外出時に継続して学習できるようになる。

関連URL

TerraTalk

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • ドローンを活用したプログラミング教育の講師養成講座 受講者募集中 DRONE STAR Academy
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス