1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 新学社、社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオンを出店

2018年12月3日

新学社、社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオンを出店

キッズスターは11月30日、同社が提供する社会体験アプリ「ごっこランド」に、新学社の協力・監修のもと、新規パビリオン「やってみよう!いくつといくつ」をリリースした。

czMjYXJ0aWNsZSM1NTk5MiMyMTE3OTQjNTU5OTJfb3lkeEN0T0RBYi5qcGc

「ごっこランド」は、2~9歳の子どもを対象に、子どもが大好きな「なりきり」「ごっこ」遊びを通して、インタラクティブに社会のしくみを学べる無料アプリ。

新規パビリオンの「やってみよう!いくつといくつ」では、足し算や引き算の基礎となる数の合成・分解など、小学校入学に身につけておきたい「数」の概念を、親子で一緒に楽しく学ぶことができる。新学社が発行する家庭学習教材「月刊ポピー」に登場するポピっこキャラクターが指定する数になるように、2~3つの選択肢から数をタッチして正解の組み合わせを見つけてプレイする。

最初は「りんご」などの具体物の組み合わせから始め、数字と数字、具体物と数字など、レベルアップして種類や選択肢が増えていく。計12段階のレベルを用意し、子どもの成長に合わせて無理なく進める仕様となっている。

また、プレイするごとに「はなまるスタンプ」が貯まり、一定数貯まるとステージをクリアして次のステージに進めるようになっており、達成感を満たし繰り返しプレイしてもらうことを狙っている。

「いくつといくつ」には、算数の基礎を身につけていくための新学社の学校教材のノウハウが活かされており、楽しく何度も繰り返すことで、小学1年の算数で子どもが躓きやすい「繰り上がりのある足し算、引き算」がスムーズにできる力がついていくという。

□プレイ動画

関連URL

ごっこランド

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス