1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 立命館、5万人の学生・教職員のサポートを目指し「スマートDB」を導入

2019年3月8日

立命館、5万人の学生・教職員のサポートを目指し「スマートDB」を導入

ドリーム・アーツは7日、同社のBPM型Webデータベース「ひびきSm@rtDB」(スマートDB)が、教職員の業務改革を目指す立命館に3月から導入されたと発表した。

0308-da立命館は立命館大学、立命館アジア太平洋大学の2つの大学に、4つの附属高校・中学校と1つの小学校、そして約3300人の教職員を擁し、約4万8000人の学生・生徒が学ぶ私学。

同校では、学生・生徒の一人ひとりが国際的に活躍し貢献できるような、幅広い教育研究を重視しており、教職員は様々な学生のサポートをしている。

しかし、学内での諸申請や「稟議申請」など、ほとんどすべての事務を紙で行っていたため、ワークフロー化を検討。学内の業務基盤を更に高度化させ整備するために、「スマートDB」を導入した。

「スマートDB」導入後は、Web画面上で必要項目を入力するだけで、どこでも即座に申請や各種手続きができるようになる。

書類の提出や受領にともなう手続きはもちろん、紙書類を手動でデータ化する必要がないため、事務作業量の削減が見込まれる。

まずは「稟議申請」、「施設予約・設備管理」、「発注・購買業務」などを対象にシステム化、ワークフローを使って事務を進められるようにする。

今後は、学生からの申請に必要なワークフローへの利用も検討し、職員が中心となってノンプログラミングで業務システムを構築していく。

また、「DreamArts クラウドサービス」(DCS)を採用したことで、バージョンアップ作業といったシステム管理工数も抑制。サービス基盤として日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用することで、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現した。

関連URL

立命館導入事例の詳細

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス