1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミングを学ぶワークショップ「レゴランド・ラボ」4月開講

2019年3月8日

プログラミングを学ぶワークショップ「レゴランド・ラボ」4月開講

屋外型キッズテーマパーク「レゴランド・ジャパン」は、レゴブロックを使ったオリジナル教材でプログラミングを学ぶワークショップ「レゴランド・ラボ」を、4月8日から、ブリックトピアエリアに新オープンする。

0308-rl「レゴランド・ラボ」は、子どものプログラミング的思考を育むためのワークショッププログラム。受講する子どもは、完全オリジナルのレゴモデル制作や操作の実験に加えて、受講者限定で行われるレゴモデル発表会やコンテストに参加できる。

レゴブロックを組み立てる楽しさと創造力を育む既存のワークショップに加え、「レゴランド・ラボ」では、レゴブロックを通してプログラミングを段階的に学び、自分で考え、それを周囲に対して発信する能力を高めることを狙う。

発信する場として発表会やコンテストを設けることで、テーマパークで友人と、さらには家族間でのコミュニケーションを図り、インタラクティブな体験を生み出す。

乗り物や動物など12種類以上の基礎モデルから1つを選び、オリジナルレゴモデルを制作。制作したレゴモデルに名前や説明を加え、ラボ特製オリジナルポートフォリオに記録する。それぞれのレベルに応じたプログラムが用意されており、どの子どもでも楽しみながら「学ぶ」ことができる。

15日から、「レゴランド・ラボ」を事前に受講できる体験会を実施する(年間パスポートの提示が必要)。クリエイティブ・ワークショップで当日予約をすれば、参加できる。

「レゴランド・ラボ」概要

開始日:4月8日(月)
チケット料金(税込):1万5000円(5回受講)、1万円(3回受講)
クラス定員:平日 8人/1日1回、土日祝 16人/1日4回
参加資格:新年間パスポート(プレミアム・スタンダードのみ)、旧年間パスポート(年間パスポート・リゾート年間パスポート)を持っている小学生以上(おとなも参加可能)
参加方法:WEBページ、メール、専用窓口のいずれかで予約

関連URL

レゴランド

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス