1. トップ
  2. 学校・団体
  3. TFJ、運営体制を強化し「最強の人財育成プログラム」で教育改革を推進

2019年4月9日

TFJ、運営体制を強化し「最強の人財育成プログラム」で教育改革を推進

Teach For Japan(TFJ)は8日、すべての人が可能性を最大化できる「最強の人財育成プログラム」による人財育成を新たな運営方針に掲げ、日本の教育改革の推進に貢献することを発表した。

0409-tfj
TFJのフェローシップ・プログラムは、学校現場に直接フェローを配置する取り組み。その研修・支援を他の団体や企業と連携することにより、フェローが社会と学校を繋ぐ役割となって、「社会に開かれた教育課程」や「カリキュラム・マネジメント」を支える中核の役割を果たすことを期待している。

運営方針を新たにすることに伴い、TFJのフェローシップ・プログラム修了生で、修了後は札幌新陽高等学校で学校経営と運営に携わりながら、先進的なカリキュラムを実施する探究コースを新設するなどの活動に取り組んできた中原健聡(なかはら たけあき)氏を、理事に任命するとともにCEOとして迎えた。また、フェローシップ・プログラム修了生にもTFJの運営への参画を仰ぎ、2020年春に配置する8期生は過去最大人数を目指すとしている。

今年度以降のフェローシップ・プログラムを「最強の人財育成プログラム」へと発展させるため、最長で8カ月の配置前研修に加えて、2年間の配置期間中に実施する支援・研修を、教職大学院などの専門機関や支援企業、他団体と積極的に連携して、教育界に変革をもたらすことのできる人財を育成する。さらに、TFJが加盟するTeach For Allのグローバル・ネットワークやアラムナイ(修了生)ネットワークを含むTFJのリソースをフル活用していき、教育改革を推進するプラットフォームとなりたいと考えている。

関連URL

Teach For Japan

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス