1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 1人1台タブレット整備の準備は 「mobiconnect for Education」で完璧!

2019年6月6日

1人1台タブレット整備の準備は 「mobiconnect for Education」で完璧!

1人1台の学校ではほとんど導入済み?
1,000校以上で導入されている、mobiconnect for Educationとは?

インヴェンティット-1

【PR】
新学習指導要領では情報活用能力の育成が重視されることから、ICT環境の整備に着手する教育機関が増えています。しかし、いざ現場で使うとなるとタブレットの管理やトラブルなど心配ごとがたくさんあります。

MDM(Mobile Device Management)は、そうした現場の不安を取り除き、効率的な運用と安心・安全な環境を提供するモバイルデバイスの管理システムです。なかでもインヴェンティットの「mobiconnect for Education」は教育機関に手厚いサポート体制を築いており、国内の教育分野における導入実績は1000校を突破しトップを誇っています。

EDIX出展ブース

学校業務支援ゾーン A4-38(Aホール)

業界初!iPadのアプリ利用状況可視化が可能に!mobiconnect CSC登場

インヴェンティット-2シスコシステムズ(以下、シスコ)が提供するセキュリティソリューション「Cisco Security Connector(以下、CSC)」と連携し、iOS端末向けセキュリティパック「mobiconnect CSC」として2019年4月より販売開始、EDIXブースで初展示します。

これまで学校側で不可能だった、iPadアプリの稼働状況の収集・把握や、使いすぎ傾向を把握した生徒指導が可能に。端末の通信セキュリティ強化、危険なサイトの自動ブロック、対象となるiPadの初期設定・更新の簡単設定といったサービスの提供が可能になります。

■安全な通信監理
CSCは、iOS端末の通信のセキュリティ強化と内部動作の可視化を同時に実現できるサービス。インターネット通信すべてをチェックし、不適切なサイトや危険なサイトを表示させないことができます。学校内外場所を問わず利用できるため、生徒は無意識に守られた環境で学習が可能です。

■アプリ利用状況の可視化
いつ、誰が、どのアプリをどれくらい使ったか、履歴を取ることができます。
分析すれば、導入端末全ての利活用状況が把握できます。特定の端末動作を見て、調べ学習などでどのアプリをどれくらい活用して生徒が答えを導きだしたのかまで把握することができます。

導入校事例セミナー開催

EDIXブースでは3日間とも14:00から、著名校ユーザーによるミニセミナーを開催します。

詳細はこちら

□ 動画で紹介 mobiconnect

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス