1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタルデトックス、「スマホ依存」対策用フィルターを公開

2019年6月21日

デジタルデトックス、「スマホ依存」対策用フィルターを公開

デジタルデトックスは20日、ネット依存を対策するフィルターストア「Middleman(ミドルマン)」を公開した。

0621-ddこのフィルターは、「スマホを使いすぎてしまう」問題に対して、ハッキング手法の1つである「中間者攻撃」を応用することで、依存症の性質を踏まえて適切な対策をとれるようにしたウェブサービス。

フィルターをかけることで、インターネットを好きなように改造できる。アプリやサービスそのものを改造するわけではなく、実際に見える情報だけを改造する。

具体的には、Twitterの面白さを控えめにする「減塩Twitter」、Yahooニュースのコメント欄を好みの家畜の鳴き声に変更する、Facebookから「いいね!」の概念を消し去る、Googleの検索結果から特定の概念を消し去る、フィルターがある。

また、LINEからニュースを消す、日本のインターネットからニュースを消す、Wikipediaのリンクを無効化する、ニコニコ動画のトップページを自分好みにする、はてなで特定のカテゴリに属するコンテンツを表示しない、フィルターもある。

情報セキュリティの世界では、インターネットやメールの通信の間に勝手に割り込んで、その情報をのぞき見たり、改ざんしてしまう「Man in The Middle Attack」(中間者攻撃)という不正アクセスの手口がある。

「Middleman」は、この手法を逆手にとって、ユーザーの利益のために応用。フィルターを適用することで、利用者が目に触れる情報に対して自在にフィルターをかけ、不愉快な情報を自由に消し去ったり、編集することができる。

ただ、「Middleman」もまた、フィルターバブルに対する根本的な解決策にはなっていない。しかし、テクノロジー企業の一方的なフィルタリングに対抗して、ユーザーの側でも意識的に情報を編集できる手段を提供することで、両者の力関係に均衡をもたらすという。

関連URL

Middleman

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス