1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「国政選挙に行く」49.7%、「議員定数は減らした方がよい」38.5% =日本財団「18歳意識調査」=

2019年6月28日

「国政選挙に行く」49.7%、「議員定数は減らした方がよい」38.5% =日本財団「18歳意識調査」=

日本財団は27日、5月末~6月上旬にかけ、「国政選挙」をテーマに実施した15回目の「18歳意識調査」の結果をまとめ発表した。

0628-nzそれによると、まず、7月の参院選挙の投票に「行く」と答えたのは49.7%で、約2人に1人の割合。「決めていない」が35.2%、「行かない」は15.1%だった。

投票の際に何を基準にして候補者を選ぶのか、との問いには、1位「政策」60.8%、2位「政党」19.6%、3位「知名度」6.3%、4位「家族や友人の評価」4.5%などだった。

また、ともに50%台前半だった直近の参議院選挙(2016年7月)、衆議員総選挙(2017年10月)の投票率について、61.9%が「低い」と答え、さらに77.9%が若者の投票率の低さを問題だとしている。

0628-nz2国会議員の定数は衆院議員465人、参院議員248人だが、この人数について、38.5%が「減らした方がよい」と回答。「現状でいい」は29.1%、「増やした方がいい」も4.8%あった。

また、現在の女性議員の比率は参院議員が20.7%、衆院議員10.1%だが、これについては、女性議員の比率がもっと「増えた方がよい」と答えたのは58.5%。「今のままでいい」が15.8%、「減った方がいい」も1.8%いた。

国会議員の高齢多選(同じ人が何度も当選して長期間在職し、高齢化する状況)については、57.9%が「問題だ」と回答。「問題ではない」は19.1%だった。世襲に関しても、3人に1人が問題だと答えている。

この調査は、全国の17~19歳の男女1000人を対象に、5月31日~6月5日にかけてインターネットで実施した。

関連URL

「調査報告書」詳細

日本財団

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
GIGAスクール向け 授業のICTサポートに特化したプランをご提供 Rakuten Communications 詳細はこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス