1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. インターノウス、エンジニアを目指す地方在住者向け支援サービスを開始

2019年7月17日

インターノウス、エンジニアを目指す地方在住者向け支援サービスを開始

インターノウスは16日、未経験からエンジニア職に就きたいと考える地方在住者向けの支援サービスを開始すると発表した。

0717-inオンラインプログラミング学習サイト「4each(フォーイーチ)」をオープンし、オンライン上でのプログラミング教育を完全無料で行うほか、都内での就職活動時において利用できる家具家電付きの住居を完全無料で提供する。

本サービスは、未経験からエンジニアを目指す地方在住者に対して、エンジニアとしての実践的な技術習得の支援から就活支援、また就活中の住居提供までを無料で行うサービス。技術習得の支援としては、プログラマカレッジで使用している教材の学習カリキュラムをオンライン向けに改良した学習サイト「4each」を新たにオープンし、地方在住者でも遠
隔で本格的なプログラミング技術を習得できる環境を整備する。

また本年8 月頃より、「4each」で学習終了後、別途指定された課題をクリアし都内での就職希望した人限定で、就職支援を行うサービスも提供し、経験豊富なキャリアアドバイザーが3500 社以上の紹介求人の中から、求職者に適した企業を紹介する。さらに、地方在住の求職者へ都内までの交通費を支給するほか、家具家電付でWi-Fi 完備の住居を無料提供し、都内で就職活動を行う際の金銭的負担が最小限になるよう徹底サポートする。

2019年3月の経済産業省の調査データによると、日本のIT人材供給は、最大約79万人不足すると言われている。この問題に対し同社は、2012年4月から、未経験者に対しエンジニア育成・就職を無料で支援するプログラミングスクール「プログラマカレッジ」を開始し、現在では年間600名以上のIT人材を輩出している。しかし、同スクールは都内で展開しているため、現状、通学可能な都内近郊在住者のみの支援に留まっていた。そこで、さらなるIT人材増加を目指すため、地方の人材育成・就職支援が不可欠だと考え、地方在住者向け支援サービスの展開に至ったという。

関連URL

無料オンライン学習サイト「4each」

インターノウス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス