1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、不動産会社と提携して「AIデジタル教材」を開発

2019年7月18日

すららネット、不動産会社と提携して「AIデジタル教材」を開発

すららネットは17日、ケイアイスター不動産とデジタル教材の開発における提携における基本契約書を締結し、「AIチャットボット付きデジタル教材」の開発を進めていくことに合意したと発表した。

0718-srlすららネットが提供するアダプティブな対話式ICT教材「すらら」では、小学1年生から高校3年生までの国語、算数/数学、英語の学習を、先生役のアニメーションキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進めることができる。レクチャー機能、ドリル機能、テスト機能により、それぞれの習熟度に応じて理解→定着→活用のサイクルを繰り返し、学習内容の定着をワンストップで実現する。

「すらら」には、AIが生徒の学習データに基づき、生徒と対話することで学習意欲向上を促す「AIサポーター」を2017年から搭載しているが、このたび、これまでの学習データやAIサポーターの運用を通じて得られたデータをもとに、子どもの学習状況に応じて学習意欲や自主性をさらに高めるためのアドバイスを保護者に提供するAIチャットボットを開発する。

すららネットは、ケイアイスター不動産との提携を通じ、学校・塾向けデジタル教材ビジネスに加えて家庭での個人学習者数を伸ばし、より多くの子どもたちがICTを通じて学習できる環境を提供することを目指していく。また、ケイアイスター不動産は、同社が販売する住宅の付加価値として、子どもの学習促進という機能を訴求するとともに、新たなサービス収益を上げることを目指すとしている。

関連URL

すららネット

ケイアイスター不動産

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス