1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イーケイジャパン、「エレキット」で育った著名人のインタビュー記事公開

2019年8月1日

イーケイジャパン、「エレキット」で育った著名人のインタビュー記事公開

イーケイジャパンは、会社設立25周年の記念ウェブサイトで、子供時代にエレキットで育った著名人たちのインタビュー記事「25th ANNIVERSARY SPECIALインタビュー」を公開している。

大橋太郎氏

大橋太郎氏

7月31日公開の第4弾は、電波新聞社特別相談役・大橋太郎氏のインタビュー記事。同氏は、現在も電波新聞で執筆活動をしながら雑誌「電子工作マガジン」の編集長として現役で活躍中。同社のエレキット製品の名付け親でもあるという。

ちなみに、同インタビューの第1弾は、しくみデザイン代表の中村俊介氏と嘉穂無線ホールディングス代表取締役社長の柳瀬隆志氏。第2弾は、慶應義塾大学環境情報科学部(SFC)教授の田中浩也氏、第3弾は、はてな執行役員の大西康裕氏。

また、元祖・電子工作キットのバイブル「電子くらぶ」の電子版も公開中。イーケイジャパンの前身である嘉穂無線(現・グッデイ)が1991年まで154号に渡り発行していた冊子で、現在、同社には108号~154号までの46冊が残っている。

今回特別に、108号と154号をスキャンし、電子書籍として公開。DRMフリーのPDFファイルで、手元に保管しておけば半永久的に読み返すことができる。

「電子くらぶ」は、同社と国会図書館に蔵書があるが、いずれも108号~154号までしか保管されていない。

そこで同社では、、幻の1~107号の「電子くらぶ」を実際に持っている読者からの連絡を待っている。可能なら、同社でスキャンしてデータの確保と、順次エレキットのウェブサイト上で公開するという。

関連URL

25周年記念ウェブサイト

「電子くらぶ」108号<1984年(昭和59年)7月10日発行>

「電子くらぶ」154号<1991年(平成3年)4月1日発行>

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス