1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ISID、どのスポーツに向いているかAIが提案する「DigSports」販売開始

2019年8月9日

ISID、どのスポーツに向いているかAIが提案する「DigSports」販売開始

電通国際情報サービス(ISID)は8日、子どもの運動能力をセンサーで自動測定し、一人ひとりの長所に応じてどのスポーツに向いているかをAIが提案するシステム「DigSports」の販売を開始した。

全国の自治体やスポーツ施設、イベント事業者等が対象。

ISID_20190808_Digsports_photo1「DigSports」は、利用者の動きを3 次元で検知するセンサー、大型モニター、独自の測定・分析プログラムで構成。

「DigSports」を活用することで、約 5×5mの広さがあれば、文部科学省の新体力テストのテスト項目のうち 4 項目(反復横跳び、50メートル走、ボール投げ、立ち幅跳び)に、垂直跳び、持久走を加えた計6項目の測定が可能。大掛かりな設備や多数の記録員を必要とせず、屋内の限られたスペースに常設したり、イベントの出展ブース内で計測したりするなど手軽に利用することができる。

また、身体計測や体力測定の結果をもとに、一人ひとりの長所をAIが分析し、オリンピック種目を含む74種類の競技の中から、どれに向いているかを提案するという。

同システムは、目の前の大型モニターに計測中の自分の動きと骨格の推定画像が重なり合って見えたり、計測記録がリアルタイムで表示されたりするなど、誰でも楽しくチャレンジできるインターフェースを備えている。誰かと競争したり順位を決めたりするのではなく、一人ひとりにあったスポーツを見つけることをゴールとしているため、運動が苦手な子でも、楽しみながらスポーツに目覚めるきっかけをつくることができるという。

ISIDは、今後、全国の自治体や公共・民間スポーツ施設、各種イベント事業者等を対象に、2021年度までに累計50施設への常設導入を目指すとしている。子どものスポーツへの意欲向上と、スポーツを通じた地域コミュニティの活性化にも寄与したいという。

提供価格の概要

(1)常設利用(6 カ月以上)
月額利用料:5万円
システム研修費用(導入時 1回):10万円~
*別途、指定のスペックを備えた PC 等周辺機器の購入が必要
*利用者の受付登録時にインターネット環境が必要

(2)単発利用
1日利用料:30万円/1 セット~
*技術者を派遣する場合、別途サポート費用・諸経費等が必要

関連URL

DigSports

電通国際情報サービス(ISID)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス