1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ウェザーニューズ×SIGNATE、AI気象予測コンペを開催

2019年8月20日

ウェザーニューズ×SIGNATE、AI気象予測コンペを開催

ウェザーニューズとSIGNATEは、気象データへの理解と衛星データの活用促進を目的に、衛星画像を使った雲画像予測コンテスト「Weather Challenge:雲画像予測」を開催する。

同コンテストは、衛星雲画像データから未来の雲画像を予測するというもので、8月19日から11月20日にかけてオンライン上で実施され、期間中は無料で何回でも応募することができ、締切後、予測精度について評価が行われる。入賞者の発表は12月中旬を予定しており、入賞者には総額100万円の賞金を授与、表彰式に招待する。

なお、3カ月にわたるコンペの進捗は、ウェザーニューズのバーチャルお天気キャスター「ウェザーロイドAiri」が、オンライン番組「ウェザーニュースLiVE」で随時紹介する。

数ある気象データの中でも、衛星データは、観測器の設置が難しい海上や山岳地帯、観測器のない国や地域のデータも一様に取得できるうえ、近年観測性能が飛躍的に向上していることから、その有効活用が期待されている。このような背景を踏まえ、ウェザーニューズでは、気象データへの理解や衛星データの活用を促進するとともに、気象・衛星データを扱うことのできる人材を発掘する観点から、今回の開催を決定した。

さらに、現在の気象予測は物理方程式に基づく気象予測モデルを使用することが一般的なため、衛星雲画像データを使い、画像解析技術によって未来の雲画像を予測する今回のコンペは、気象業界にとって革新的なチャレンジになるとしている。

関連URL

Weather Challenge:雲画像予測」参加

「ウェザーニュースLiVE」視聴

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス