1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. タイムソフト、小学校プログラミング一斉授業用のデジタル教材を発売

2019年10月11日

タイムソフト、小学校プログラミング一斉授業用のデジタル教材を発売

タイムソフトは10日、小学校プログラミング教育の一斉授業のためのデジタル教材「パピィタウン Part1」の販売を開始した、と発表した。

同社は、総務省の委託事業(2017年度「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」、2018年度「地域ICTクラブ普及推進事業」)を通しての知見をもとに、小学校プログラミング教育用デジタル教材の開発を行ってきた。

特に、小学校プログラミング教育の課題とされている、一斉授業用の教材を提供するために、「教師用PPTプレゼン+児童用Scratch教材のセット」を考案。

今回の「パピィタウン Part 1」は、パピィタウンに道路が敷かれ、学校やスーパーマーケットが建設され、次第に発展していくストーリーでプログラミングを学習していくSTEAM教育的教材。

小学校の教科と連携してプログラミングが学べ、全校で年間を通してカリキュラムに組み込める内容を包括しているのが特徴。

また、児童がプログラミングに興味をもてるように、キャラクターがキーボードやマウスの操作に反応してイベントが起こるような工夫を取り入れたり、指導者用プレゼンには効果音やアニメーションを効果的に使用して、楽しい授業を実践することができる。

「パピィタウン」は購入した学校で使用するパソコンに、台数を問わずインストールできる。販売はデジタル教材ストアで10月1日から行っており、「Part1」は5万円(税別)。

関連URL

パピィタウン Part1

デジタル教材ストア

タイムソフト

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス