1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「5G」、この1年で認知度が大幅向上し「約8割が認知」=ジャストシステム調べ=

2019年10月11日

「5G」、この1年で認知度が大幅向上し「約8割が認知」=ジャストシステム調べ=

ジャストシステムは10日、情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年9月度)」の結果をまとめ発表した。


それによると、スマホユーザーのうち、次世代通信システム「5G」について、「知っており、他の人に説明できる」人は10.5%、「知っているが、他の人に説明できるほどではない」人は31.7%、「聞いたことはあるが、よく知らない」人は38.9%だった。

合計で81.1%の人が認知しており、2018年9月度調査(51.7%)と比較すると、この1年で「5G」の認知度は29.4ポイントも増加した。

「5G」を知っている人のうち、「5Gの実用化に期待している」人は72.0%。その理由は、「インターネットが利用しやすくなる」が最も多く67.8%、次いで「動画が視聴しやすくなる」61.8%、「ライブ動画が視聴しやすくなる」42.4%の順だった。

「動画が視聴しやすくなる」と答えた人の割合を年代別にみると、10代(80.5%)、20代(47.1%)、30代(51.1%)、40代(75.0%)、50代(59.0%)、60代(67.5%)で、10代の8割以上が「5G」に快適な動画視聴環境の実現を期待していた。

また、「eスポーツ」について、「知っており、他の人に説明できる」と答えた人は13.7%、「知っているが、他の人に説明できるほどではない」人は29.8%、「聞いたことはあるが、よく知らない」人は35.5%だった。

認知度は79.0%で、2018年9月度調査(63.1%)から、この1年で「eスポーツ」の認知度は15.9ポイント向上。

今年9月に発売された新型iPhoneについて、スマホユーザーのうち、「購入、または購入予約をした」人は4.2%だった。

また、「とても興味を持っていて、購入を検討している」人は6.8%、「とても興味を持っているが、まだ購入検討までは至らない」人は11.5%、「やや興味を持っている」人は18.6%で、合わせて36.9%の人が興味を持っていることが分かった。

また、新型iPhoneに興味がある人のうち、58.0%が「iPhone 11」、39.7%が「iPhone 11 Pro」、24.2%が「iPhone 11 Pro Max」に魅力を感じていた。

この調査は、Fastaskのモニタのうち17歳~69歳の男女1100人を対象に、9月24日~28日にかけて、セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート方式で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「調査結果レポート」ダウンロード

ジャストシステム

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング 他多数 Classi IDで利用可! まずはトライアル
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス