1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「5G」、この1年で認知度が大幅向上し「約8割が認知」=ジャストシステム調べ=

2019年10月11日

「5G」、この1年で認知度が大幅向上し「約8割が認知」=ジャストシステム調べ=

ジャストシステムは10日、情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年9月度)」の結果をまとめ発表した。


それによると、スマホユーザーのうち、次世代通信システム「5G」について、「知っており、他の人に説明できる」人は10.5%、「知っているが、他の人に説明できるほどではない」人は31.7%、「聞いたことはあるが、よく知らない」人は38.9%だった。

合計で81.1%の人が認知しており、2018年9月度調査(51.7%)と比較すると、この1年で「5G」の認知度は29.4ポイントも増加した。

「5G」を知っている人のうち、「5Gの実用化に期待している」人は72.0%。その理由は、「インターネットが利用しやすくなる」が最も多く67.8%、次いで「動画が視聴しやすくなる」61.8%、「ライブ動画が視聴しやすくなる」42.4%の順だった。

「動画が視聴しやすくなる」と答えた人の割合を年代別にみると、10代(80.5%)、20代(47.1%)、30代(51.1%)、40代(75.0%)、50代(59.0%)、60代(67.5%)で、10代の8割以上が「5G」に快適な動画視聴環境の実現を期待していた。

また、「eスポーツ」について、「知っており、他の人に説明できる」と答えた人は13.7%、「知っているが、他の人に説明できるほどではない」人は29.8%、「聞いたことはあるが、よく知らない」人は35.5%だった。

認知度は79.0%で、2018年9月度調査(63.1%)から、この1年で「eスポーツ」の認知度は15.9ポイント向上。

今年9月に発売された新型iPhoneについて、スマホユーザーのうち、「購入、または購入予約をした」人は4.2%だった。

また、「とても興味を持っていて、購入を検討している」人は6.8%、「とても興味を持っているが、まだ購入検討までは至らない」人は11.5%、「やや興味を持っている」人は18.6%で、合わせて36.9%の人が興味を持っていることが分かった。

また、新型iPhoneに興味がある人のうち、58.0%が「iPhone 11」、39.7%が「iPhone 11 Pro」、24.2%が「iPhone 11 Pro Max」に魅力を感じていた。

この調査は、Fastaskのモニタのうち17歳~69歳の男女1100人を対象に、9月24日~28日にかけて、セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート方式で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「調査結果レポート」ダウンロード

ジャストシステム

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス