1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TOEFLの公式アプリがリリース、全機能が利用可能に

2019年10月24日

TOEFLの公式アプリがリリース、全機能が利用可能に

Educational Testing Service(米ニュージャージー州)は23日、TOEFL公式アプリが、Apple App StoreまたはGoogle Playで、世界各国でダウンロードできるようになったと発表した。

同アプリを通じて、受験者はオンラインアカウントと同様に、様々な機能が利用できるようになった。

まず、「テスト申込」では2カ月間分の最寄りのテスト会場と空席を検索・表示することができ、「テスト準備」では総合ガイドを購入し、全4セクションの模擬問題やTOEFL Insider’s Guideオンラインコースなどの無料の教材を利用することができる。

「スコア」に関しては、MyBestスコアを含むすべての有効な試験のスコアレポートが閲覧でき、志望団体に追加のスコアレポートを送付することができる。

また、障がいのある、または健康上の理由のある受験者への配慮を申請することができ、現在および過去の申請状況を確認することもできる。

今回の新モバイルアプリのリリースに合わせ、TOEFLプログラムはスコアを従来よりも早く通知する。

10月26日以降、TOEFLテストの受験者は試験日から約6日後にオンラインでスコアを閲覧できるようになり、これまでの10日間から、通知までの期間が半分近く短縮する。

また、公式スコアレポートも志望団体にこれまでよりも早く、試験日から9日後に送付されるようになる。

関連URL

TOEFLテスト体験の変更点

TOEFLテスト

Educational Testing Service

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス